論文を翻訳するときには論文shaperを使って文章を整える!

大学生活

論文を翻訳するときには論文shaperを使って文章を整える!

こんにちは!まったりです。

大学院生など、研究をしている人の中には

論文をコピペして翻訳すると行間やハイフンがおかしくなってうまく翻訳できない…。

と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

本記事ではこのような悩みを解決するために

「論文shaper」

について解説します。

本記事で学べること
  • 論文shaperとは
  • 論文shaperの使い方
記事の執筆者

理系大学院生ブロガー

まったりさんブログ運営中

情報・ネットワーク関係の研究中

本ブログでは

  • 大学生活をサポートする記事
  • 大学院に関する記事

などについて紹介しています。

▼大学生活に関する記事はこちら▼

▼大学院に関する記事はこちら▼

スポンサーリンク

1. 論文shaperとは

論文shaperとは

「翻訳ミスをなくすためにハイフネーションや改行を自動で取り除くwebApp」

になります。

画像:論文shaperサイト画面

▼論文shaperはこちらから▼

論文をそのままコピペすると

  • 改行がずれる
  • 単語が分断される(ハイフンで区切られている)

などの問題が発生してうまく翻訳できず手間がかかってしまう場合があります。

これをなくすために「論文shaper」を使用して文章を整頓することで時間をかけずに翻訳作業ができるようになります。

まったり
まったり

論文shaperを使うことで文章の行間や区切りを楽に整理できるので翻訳がかなり楽になります!

以下では論文shaperの使い方について紹介していきます。

スポンサーリンク

2. 論文shaperの使い方

論文shaperの使い方はとても簡単です!

流れとしては

  • 翻訳したい文章をコピペする
  • 「論文shaper」の画面中央にある「コピー」を選択
  • 自動的に「DeepL翻訳」に移動して翻訳される

という形になります。

ちなみに、「DeepL翻訳」については別の記事で詳しく紹介しています。

DeepL翻訳はGoogle翻訳などよりも論文に特化した無料翻訳サイトで論文を読み進めたい方にはとてもおすすめの翻訳サイトになっています。

▼DeepL翻訳についてはこちら▼

以下では具体的に手順を紹介します。

▼論文shaperはこちらから▼

  1. はじめに翻訳したい部分をコピペします。
画像:参考論文

2. 続いて「論文shaper」に移動して先ほどコピペした文章を論文shaperの上のスペースにペーストします。

3. そして画面中央左側にある「DeepLで翻訳する」を選択します。

画像:論文shaper

すると自動的にDeepL翻訳にジャンプして、先ほどコピペした文章が整理された状態で翻訳されます。

画像:DeepL翻訳
まったり
まったり

これで簡単に文章を整理して翻訳することができます!

ちなみに、論文shaperの画面中央右側にある「Copy!」を選択した場合はDeepL翻訳にジャンプせずに単にコピーされた状態になります。

「Google翻訳を使いたい!」などの場合はこちらを選択してください。

スポンサーリンク

3. 最後に

今回は

「論文shaper」

について、使い方や概要について紹介しました。

今まで論文の翻訳に手間取っていた方は是非、論文shaperを活用して素早く論文の翻訳を行ってください!

まったり
まったり

最後までご覧いただきありがとうございました!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました